IMG_5773.JPG

廃材エコビレッジゆるゆるさんが来ライ!


タイトル↑


福岡に来ることを来福!と言うなら、ライズアップに来ることを来ライ!って言えるんじゃない?!と思って書いてみましたが伝わりました?


あれ?

伝わらない?


これからちょいちょい差し込んで行こうと思いますので、みなさん覚えてくださいね。

 
さて、そんなことはさておき。
 

こんにちは、ちはるです。

今日はライズアップにたまたま宮崎を訪れていた廃材エコビレッジゆるゆるの飛龍さんと幸代さんがいらっしゃいました。藤野の山間集落で廃材を使った持続可能な里山コミュニティ作りを実践されているというお二人。

なんと地域通貨も取り入れてらっしゃるそうで、ホンモノを見せていただきました。

 
 

 

わたしも自分の集落が山間集落で世帯数も17世帯と同じくらいの小ささということもあり、田舎暮らしあるあるで大盛り上がり!いとしまシェアハウスでも地域通貨を試してみたかったので興味深いお話が沢山聞けました。

 

藤野は寒さが厳しく、冬はマイナスの気温になるのもざらだそう。2世代くらい前までは平均年齢50歳だったというお話もあり、厳しい自然環境の中で助け合いながら暮らしてきたのだそうです。
そういうなかで、はやり九州は気温も温暖で海も山も川もすぐ近くにあって本当に豊かなところだね、とおっしゃっていました。

 

地域の高齢化のこと、地域での役割のこと、空き家のこと、話は尽きません。
こういう暮らし作りを実践している仲間たちで繋がり、情報交換できるシステムが欲しいなあ〜。

 

お二人の詳しい活動はこちらから。

▼限界集落を、まるごとエコヴィレッジに!地域通貨で持続可能な里山コミュニティづくりを仕掛ける傍嶋飛龍さんインタビュー
http://greenz.jp/2014/10/14/sobajimahiryu/

また遊びに来てくださいねー!